【緊縛】カップルでできる緊縛 目隠しプレイ 〈パート5〉

by 緊縛師 荊子 ibarako Kinbaku
●荊子公式メールマガジン【THE KINBAKU】:
http://kenntnis.jp/ibarako_kinbaku/mail_magazin/?=YTb_mekakushi_play5_01

<<無料登録するだけで、実践動画を視聴できます!>>

●荊子公式Facebook
https://www.facebook.com/ibarako/

いつも、緊縛師荊子のビデオをご視聴頂きまして
誠にありがとうございます。

荊子の公式メールマガジンは、一般の男女にも活用できる
「縄を使ったコミュニケーション」の浸透を目指しています。

まずは、【バックナンバー】をご覧いただき、
公式メルマガもお役立ていただけますと
幸いでございます。

http://04auto.biz/brd/BNMobi.htm?a=kenntnis&b=14


---荊子プロフィール---

緊縛歴 17年

高校を卒業し、美術学校に通い、
アート作品を作ることに楽しみを覚える。

学生の頃は、縛り、ボンテージに興味はなく、
自分に性癖があるわけでもなかったので、
緊縛の世界は、遠い世界のものに思っていた。

その時、初めて見た縛りの専門誌に、
「雪村春樹」という、緊縛師の写真が載っていた。

そこで、「この人の縛りかっこいいな」と思い、
少し気になり始める。

仲の良かった、メーカーのプロデューサーに紹介していただき、
雪村春樹氏が代表を務める、制作会社にアシスタントとして入る。

そして、正式に弟子認定をもらう。

雪村師匠から、

緊縛とは、縛るけど、それは完成形ではなく、
コミュニケーションとして縄を縛り、

「縛って」

「解いて」

を、

どんどん流れとして続けていくのだと、教わった。

「縛りとは、出会いから別れ」
「1つの恋愛のサイクルを、表現している」
ということを知る。

そこで、
「自分が求めていた精神性って、ここにあるんだ」と感じた。

そこから、17年ほど師匠についてきて、今に至る。

これまでに、トライアンドエラーを繰り返し、
失敗しながらも、気づいたことがある。

これは、一般の方もすごく共通する、
全く別の世界の話ではなく、日常的に使えること。

その気づきがあるのと、ないのとでは、
相手との関係はすごく変わってくるので、

その「細かな、やりとりをすべきだ」ということを伝えたく、
日々活動を続けている。


●これまで行ってきた活動:

清水厚監督「ナナとカオル」「ナナとカオル 第2章」緊縛担当

清水厚監督「ふたりエッチ 配信版」緊縛担当

シネマジック、ワープエンタテインメントS-1、
SODなどのパッケージ/VTR中の緊縛担当

安藤ボン監督のVシネマ「SURVIVE」緊縛担当&出演

廣木隆一監督「理髪店主のかなしみ」緊縛担当

山口雄大監督「ユメ十夜(第十夜)」緊縛担当

「スナイパーEVE」連載「日刊スポーツコラム」連載

●荊子公式メールマガジン【THE KINBAKU】:
http://kenntnis.jp/ibarako_kinbaku/mail_magazin/?=YTb_mekakushi_play5_02

●荊子公式Youtubeチャンネル登録:
https://www.youtube.com/channel/UCmkgGfO15CslaKZu1szDReQ

●「今晩からスグに縛れる緊縛マスター講座」公式オンラインストア:
http://kenntnis.jp/ibarako_kinbaku/bondage_sales/